« マンガ「Objectioin」更新&フィギュアスケート | メイン | 今日のフリーはいまいち〜 »

NHK杯女子シングルSP

いや〜おもしろかったです私的には。
すっかりステップおたくと化してるのですが(技術的なもの除く)、どの選手も見応えのあるステップで、ほんと楽しかった。
コストナー選手もよかった。あれはツイズル?回転数がすごく多かった。レベルいくつなんだろう。
あとげでばにしびり選手のもいい振り付けだった。と思ったらニコライ・モロゾフだった。
一番びっくりしたのは武田奈也選手。昨期の全日本とか見てても固い印象しかなかったんですが、今回の選曲や振り付けが合ってるのか、きびきびした動きや視線の使い方がすごいよかった。終わったときの笑顔もよかったですな(笑)録画しておけばよかった。フリーはどんなプログラムなんでしょうか…今日のようにはつらつとした姿が見たいですな。
でもって安藤選手。スピード落ちたとか言ってましたが、私的には魅せてくれるいいプログラムだなあ〜〜と思いました。モロゾフ振り付けはやはりいい。
まあ、スパイラルでバランス崩すのは、世界選手権のフリーでもあったから(笑)
安藤美姫「結果よりも演技」=フィギュアNHK杯

3回転−2回転に切り替えたのは、6分間練習の後にコーチ(ニコライ・モロゾフ)から言われたから。

SP首位はあまり狙ってなかったんじゃないか。…ここで1位になっておくより………フリーの滑走順のこともあるし……(以下略)

フィギュアスケートというのは、結果を求められているスポーツではないと思う。見ている人に何かを伝える、表現する競技だと思うので、結果よりも演技。失敗をしても何か印象に残る部分があればいいなと思うし、そういうプログラム構成になっているので、私は(NHKの日本人優勝者というのは)あまり気にしていない。ただ自分のベストを尽くし、見に来てくれた方と一緒に楽しめるように演技がいつもある。

そうそう、点数取ることに汲々するより、そういう高い目標持って、何か感じさせてくれる演技をしてくれるのでOKじゃよ〜。 グッジョブだったらポチッと→

コメント

私もエレーネ選手の振りつけが見ていて一番よかったです。ステップシーケンスがよかった。
SPはどうしても固いという印象があるので、ああいう振り付けもいいんだと思ったり。

すごいなぁ、モロゾフさん。

振り付けで選手個々のよさを引き出せるのはさすがですよね。げでばにしびり選手は実は名前と顔が一致する数少ない選手だったので、レベルは2だったみたいですが、ああいういい演技を見られて満足です。

コメントを投稿

月別アーカイブ

2017年
2016年
2013年
2012年
2010年
2009年
2008年
2007年
2006年
2005年
2004年
           

Blogのフィードを取得

Powered by
Movable Type 6.3.3